エアコンクリーニングの選び方!相場などわかりやすく解説

未分類

エアコンを使用する時期が近づき、エアコンを試運転したところカビ臭いという経験はありませんか?

実際にエアコンクリーニングを依頼しようとしても、エアコンクリーニングも分解洗浄、簡易クリーニング、掃除スプレーなど様々な種類がります。

エアコンクリーニングを依頼しようとしてもどの業者がいいのかわからない。

なにを基準に決めたらいいの?

と、不安になる方も多いでしょう。

エアコンの取り付け、取り外しを年間1000台以上やっている私が初心者の方にもわかりやすく説明していきます。

この記事でわかることは以下の通りです

  • エアコンクリーニング種類別のメリット・デメリット
  • エアコンクリーニングを依頼する時期の目安

エアコンクリーニングで失敗しない為に気をつけるポイント

エアコンクリーニングには二種類あります。

1つ目が付けたまま洗浄するというやり方(簡易クリーニング)

二つ目が取り外して洗浄(分解洗浄)するというやり方があります。

それぞれの特徴を説明していきたいと思います。

エアコンクリーニングの相場は

ノーマルタイプ 10000円〜14000円

お掃除機能付き 18000円〜22000円

が、相場となっております。

相場よりもかなり安くなっている業者も多数ありますが、私が取り付けにお伺いした時、

『つけたままのクリーニングをしてもらってから使えなくなった。』

と、言っているお客様がいらっしゃいました。

エアコンは本来水に濡れてはいけないものです。

そのエアコンに水をかけて洗浄する為、濡れてはいけない部分が濡れると故障につながります。

安い業者だと初心者がクリーニングを行っているケースもごく稀にあります。

エアコンは高級な物です。

少しでも不安な方はアフターフォローも充実している大手の業者にクリーニングを依頼するのが得策です。

1つ目の付けたまま洗浄の特徴

メリット

取り外しの費用がかからないため、比較的安価に抑えることができる。

その日でクリーニングが完了するため、その日に使うことができる。

デメリット

付けたままのため、カビの根本までクリーニングできない。一年に一回クリーニングをするのがベスト

業者によってバラつきが激しく、クリーニング時間、綺麗さ、ともにバラバラである。

二つ目 分解クリーニングの特徴

メリット

分解するため、カビの根本まで綺麗になる。クリーニングが2、3年に一回で良い。(使い方によって異なる)

分解の仕方は業者によって異なることは珍しいのでどの業者でも同じくらい綺麗になる

デメリット

取り外し、取り付けが必要になる。そのため一週間程度使えない期間がある。

簡易クリーニングより費用がかかる

以上の特徴があげられます。

私が普段行っているのは分解洗浄です。

付けたままのクリーニングに比べると綺麗になり、カビの根本から落とせるためお子様がいらっしゃる方にも安心してエアコンを使っていただけます。

エアコン掃除スプレー

最後にもう一つ、ホームセンターなどでも売っているスプレータイプの洗浄です。

これはこのスプレーが残りカビの原因になるため本当の応急処置、その場しのぎのやり方です。

このスプレーを使っている方はすぐに辞めることをお勧めします。

エアコンのクリーニングの目安

実際にエアコンはなにを基準にクリーニングを行ったら良いのか?

クリーニングが必要とよく耳にすることはありますが実際にどのような頻度がベストなのか不思議に思っている方も多いと思います。

 

結論からいうと3年に一回です。

新品でも同様この期間になっております。

なぜ、新品も同様かというと分解洗浄をすると新品と同じ状態に戻るからです。

分解して一つ一つの部品を手洗いしますので3年に1度必ずクリーニングをしていれば新品と同様の状態まで綺麗にできます。

なにを基準にするとよい?

それは、ルーバーが開いたとき奥の方でローラーが回っています。

この部品を送風ファンと言います。

ここの部分は黒い部品になっているのでライトを照らして確認してください。

この部品にカビがついているとクリーニングの目安になります。

この状態は、カビを飛ばしている

状態になっているのでご注意ください。

『お掃除機能付きだから大丈夫!』

このように考えている方も実際に多くいらっしゃいます。

しかし、実際はフィルターについているホコリを掃除しているだけです。

お掃除機能付きであってもこのローラーにはカビは必ず生えてきます。

ノーマルタイプ、お掃除機能付き この2種類同様、3年に一度分解洗浄をすることをオススメします。

まとめ

エアコンクリーニングには3種類の洗浄方法があります。

付けたまま洗浄(簡易クリーニング)分解洗浄、スプレー。

スプレーはその場しのぎの洗浄です。

すぐにお使いであれば簡易クリーニング、使わない時期であれば分解洗浄がおすすめです。

夏の時期であればクリーニングを依頼しても2週間〜1ヶ月待ちということも多くあります。

ご使用の時期の2ヶ月前に1度試運転や送風ファンのチェックをしてクリーニングの必要があるのかを確かめることで快適な夏を過ごすことができるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました