エアコン安いメーカーは?安いわけや時期をわかりやすく解説!

未分類

近年エアコンは10万円を超えることが当たり前となっています。いまや、エアコンは高級品です。

エアコンの新品が欲しいけど高いなぁ

エアコンの安いメーカーはないの?

このように疑問に思う方も多いでしょう。

エアコンの中にも安いメーカー、高いメーカーは存在します。

高いメーカーであれば加湿機能があったり、換気機能があったりとプラスαの機能が追加されています。

エアコンは涼しくなればOKと思っている方であれば安いメーカーでも能力は変わりません。

今回は安い時期やいつ買えばよいのかについても簡単に説明していければと思います。

この記事でわかることは以下の通りです。

  • エアコンが安いメーカー
  • エアコンが安い時期

 

エアコンが安いのはアイリスオーヤマ

エアコンが安いメーカー

それはアイリスオーヤマです。

ダイキンやPanasonic、三菱、フジツーなどなどエアコンと言われればこの四社が思いつくでしょう。

しかし、近年エアコン市場にアイリスオーヤマが参入しました。

後発ということもあり、値段はどこよりも安価

いったいなぜなのでしょうか?

アイリスオーヤマの家電はOEMという方法をとっているからです。

OEMとは Original Equipment Manufacturere

と言います。

original→ 本来の

Equiptment→製品

Manufacturere→製造業者

つまり、自社で製作したものを他社ブランドとして販売することです。

私自身、年間1000台以上エアコンの取り付け工事をさせていただいておりますが、近年アイリスオーヤマのエアコンが大変増えております。

設置の時に気づいたのですが、アイリスオーヤマはフジツーや三菱と作りが全く同じです。

値段はフジツーや三菱より安く、さらにプラスアルファの昨日がついています。

具体例をあげると、

音声認識機能やAI機能です。

そんなアイリスオーヤマ製品ですが4.5畳〜6畳用のエアコンだと

37,800円で購入することができます。

他のメーカーだと4万円以上はしますのでお買い得です。

そして先程も記載したとおりアイリスオーヤマのエアコンとしての歴史は浅いです。

 

歴史が浅いから不安という声もよく聞きます。

しかしながらフジツーや三菱といったメーカーが作っているためその点は心配いりません。

エアコンが安い時期

エアコンが安い時期というのはいったいいつなのでしょうか?

多くのメーカーが2月〜3月に新型を発売します。

よって、10月〜11月あたりから型落ちエアコンが安くなっていく傾向があります。

販売店としては、この新製品が発売される2.3月までには在庫をすべて売り切ってしまいたいということで、思い切った値下げが行われることもあります。

具体例をあげると

新製品だった商品が10万円以上していたが

この時期に3万円以上下がると言うこともありますよ。

しかしながら、夏直前や、必要な時期に買い替えることもあるかと思います。

中古のエアコンがおすすめ

そんな時は中古のエアコンがオススメです。

中古といっても2.3年前のモデルであれば機能としてはそこまで変化しません。

例えば10年以上も前のエアコンであれば電気代が高くなったり、壊れやすくなったりといった不安要素はあります。

新品のエアコンを購入しても1年経てば型落ちエアコンです。

新製品を購入するまえに一度型落ちエアコンもチェックしてみてはいかかでしょうか?

エアコン販売王というECサイトがあるのですがここでは一点一点 分解洗浄、メンテナンスをしてから販売されているため安心して購入することが可能です。

型落ちエアコンのデメリット

メリットばかりお伝えしましたが実際の型落ちエアコンのデメリットについて紹介します。

最新モデルには機能が劣る

冷房や暖房の機能は新型でも型落ちでも遜色ありません

近年はエアコンのIOT化やAI機能といった物が一年単位でものすごく変わってきます。

最新モデルにはあの機能があるのに!

と、新しい機能にワクワクされる方は型落ちエアコンは不向きだといえます。

メーカーもやはり毎年同じ機能だとお客様に飽きられてしまいます。

年々、省エネ機能が向上したり、お手入れ方法、カビ対策など少しずつ変化はしております。

家電は最新に限る!

と考えている方は型落ちエアコンは向かないといえます。

まとめ

エアコンは高級な家電です。

新型を買うのがやはり間違いありません。

しかしながら、家庭によっては様々な事情があると思います。

台10万円をかけなくてもより安価で安心な商品も多数あります。

エアコンは効けばなんでもいいや

とお考えの方にとってはエアコン販売王で商品をチェックすることをお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました