エアコン工事に必要な資格とは?DIY.素人でもできる?

未分類

エアコン工事の相場は1万円〜二万円となっております。

お家の状況や時期によって工事の値段も大幅に変わってきます。

そんなエアコン工事ですが近年、流行っているDIYでできると耳にしたことがあるでしょう。

エアコン工事は自分でできるの?

資格は必要なの?

こんな風に疑問に思っている方にとってわかりやすく解説していきます。

この記事でわかることは以下の通りです。

  • エアコン工事に必要な資格
  • 初心者が失敗しやすい例

 

家庭用エアコンには必要な資格はない

一般的なご家庭のエアコン(ルームエアコン)には特別に必要な資格はありません!

取り付けの手順を理解して、きちんとこなせばDIYでも可能です。

しかし、エアコン工事はDIYで行うことはオススメできません。

エアコン工事は繊細な技術が必要になります。そして必要な工具も高価なものばかりです。

万が一失敗してしまうと故障につながり、10万円以上も損をしてしまう形になります。

故障とはならなくても、配管が折れてしまったり、ガスが漏れるようなことがあるとガスの補填が必要になります。

ガス補充は1.5万円〜2万円が相場です。

そんなリスクを背負ってDIYをする事はおすすめできません。

簡単な取り外し、取り付けの場合は必要な資格はありませんが、コンセントの移設、電圧の切り替え、内外接続線を壁に固定する場合などは電気工事士の資格が必要になります。

このように複雑なケースが多く、難易度が高いため工事に1万円〜2万円と高額になっているのです。

素人がエアコン取り付けで起こりやすいトラブル

それでもDIYでやってみたい!

費用を少しでも抑えたい!

そういうふうに考えている方も多いかと思います。

そんなときに、失敗しやすい点、起こりやすいトラブルを紹介していきます。

初心者が失敗しやすいトラブル

配管の曲げがうまくいかずにガス漏れ

室外機と室内機のガスを循環させるために銅の配管を繋いでいます。

一般的には壁に沿わせるような形で配管を曲げていきます。

これは、壁にピッタリくっついていないと見栄えが悪いためです。

綺麗に沿っていないからといってエアコンが故障する、エアコンが効かないということはありません。

しかしながら、やはり穴を通す際には曲げが必要になります。その時に折れ曲がってしまってガスが漏れるということにつながります。

ガス補充の相場は1.5万円〜2万円です。

配管のつなぎ目からガス漏れ

もう一つ漏れやすいポイントがつなぎ目です。

エアコンの室内機、室外機ともに配管をつなぐためにナットがついています。

このナットは締め過ぎても漏れてしまいます。

緩くても漏れます。

丁度良い加減で締めるために、工事業者の方はトルクレンチというのを使います。

トルクレンチとは簡単にちょうど良いところでカチッと音が鳴り合図を知らせてくれるレンチです。

トルクレンチは1万円〜2万円が相場です。

つなぎ目の曲げとナットのトルクの2点は非常に多いトラブルなので注意が必要です。

コンセントが合わないエアコンを購入してしまう

エアコンには大きく分けて2種類コンセントがあります。

100Vと200Vです。

100V用のエアコンのサイズは、

4.5畳、6畳、8畳、10畳用のエアコンです。

200Vようのエアコンは12畳からです。

一部例外もありますのでよく確認してから購入してください。

コンセントが違う場合、コンセントの交換、電圧の切り替えが必要になります。

この工事には第二種電気工事士の資格が必要になりますので、素人の方は絶対に行わないでください。

ひどい場合は火事に繋がります。

エアコンから水漏れ

エアコンから水漏れすることもよくあるトラブルです。

冷房を使っている時は室内の熱を室外へと送り出すため、水が出ます。

その水はエアコンの内部にあるパンからドレンホースをたどり外へと排出されます。

水は上から下へながれます。

この勾配が取れていない場合や、エアコンが水平でない場合、など水が綺麗に流れない時はルーバーから水が漏れてきます。</p>

もしくは、エアコンと壁の隙間からぽたぽた溢れて来ることがありますのでこちらも注意が必要です。

エアコンには補助ドレンというものを差し替えする必要がある場合がありますが、こちらも差し込みが甘いと当然、水漏れにつながります。

この2点も注意が必要です。

真空引き

エアコンの配管に空気が入っているとガスが綺麗に循環されません。

そしてこの作業は、エアコン工事においてもっとも重要な作業となっております。

万が一失敗してしまうと、エアコンが故障したり、ガス漏れ、冷たい風が出て来なくなるといった事に繋がります。

高度な作業かつ、重要な作業です。

自信のない方は業者に依頼しましょう。

まとめ

エアコン工事には特別に必要な資格はありませんが、高度な技術や高価な道具が必要です。

DIYはおすすめ出来ませんが、可能ですので上記の3点を注意しながらやっていただければ故障のリスクは軽減できます。

法的に行ってはいけない作業もあります。

その中には実際にやってみると簡単な作業もありますが、絶対にご自身ではやらないでください。

そのような場合は業者に依頼するようにしてください。

他の記事に実際に必要な工具とどの作業で必要なのかということを解説しておりますので、ぜひそちらの方もチェックしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました