転職をお考えのHSPさん必見!向いている仕事や避けるべき仕事についてご紹介いたします。

hsp

人間関係や仕事のノルマがきつい、、、
もっとHSPの自分にあった職はないかな?

このような悩みを抱えられていませんか?

人間関係や仕事のノルマが原因で心に疲労を感じるHSPさんは、転職を考えてみるのも一つです。

ですが、転職と一口で言ってもどれが自身にあった仕事なのか判断に迷われるでしょう。

そこでこの記事ではHSPの特性に合った仕事、向いていない仕事についてご紹介していきます。

ぜひ、ご自身にピッタリの仕事を見つけてくださいね。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • HSPの特性
  • HSPに向いている仕事について
  • HSPに向いていない仕事について

HSPの特性

 

ここでは、いくつかあげられるHSPの特性をご紹介いたします。

深い洞察力や情報処理能力

多くのHSPさんは深い洞察力に加え、1を聞いて10を想像するなど情報処理能力が優れている傾向があると言われております。

その為、人混みなど情報量の多い場所へ行くと必要以上に疲れてしまうことが多いでしょう。

外部からの刺激に対して敏感

外部からの刺激に対して非常に敏感なHSPさんは、生活音や匂い、光、味覚に強く反応してしまうとされています。

また他人の感情に対しても敏感である為、イライラしている人がいるとすぐに気づいてしまうなんてことも珍しくありません。

疲労が溜まりやすい

HSPさんは外部からの刺激に対して敏感であるのに加え感受性が強い為、疲労を感じやすい傾向にあります。

過去の出来事が原因でネガティブになったり周囲に気を使ったりと、心が疲労する原因の多くはHSPの特性からくるものとも考えられるでしょう。

感受性が強く共感しやすい

多くのHSPさんは感受性が強く、相手の感情に共感しやすいといった特徴があります。

周囲の空気を読んで言葉を選んだり自分を合わせたりと心が疲れてしまう原因にもなりますが、映画や音楽に強く感銘を受けるなど、良い点としても捉えられるでしょう。

HSPさんに向いている仕事

HSPの特性からみて、以下の項目に当てはまる仕事が適職と考えられるでしょう。

  • 人との関わりが少なく個人作業が多い仕事
  • 自由に時間を調整できるフリーランスの仕事
  • クリエイターなどの制作を中心とした仕事

それでは、HSPさんに向いている仕事をそれぞれご紹介していきます。

 

個人での作業が多い仕事

:職業の例

  • ドライバー(配達)
  • 清掃員
  • テレアポ
  • 工場作業員

なるべく人との交流が少ない仕事を選ぶのがポイントです。

常に相手の反応を伺ったり、周囲の空気に合わせようとしてしまうHSPさんは、仕事で関わる人数が多いほど心の疲労につながってしまいます。

他者との交流が少なく個人作業の多い清掃員やドライバーであれば、人間関係のストレスを低減できるでしょう。

またテレアポの仕事もクレームなどの対応はありますが、通話だけのため実際に対面するより疲労は少ないと考えられます。

自由に時間を調整できるフリーランスの仕事

:職業の例

  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • システム開発のエンジニア
  • プログラマー

フリーランスであれば自身で月間の稼働時間や働く日時を決められるため、疲労が溜まりやすいHSPさんに向いていると言えるでしょう。

また、WEBライターやプログラマーは完全在宅でもできる仕事となっていますので、他者との交流が少なく個人での作業が多いという点でもオススメできます。

WEBライターはプログラマーやデザイナーと違って稼げるまでのハードルが低く、完全初心者の方でも取り組みやすい仕事です。

パソコンとネット環境があればできますので、在宅ワークで生活していきたいHSPさんは是非、始めてみてはいかがでしょうか?

クリエイターなどの制作をメインにした仕事

:職業の例

  • イラストレイター
  • シナリオライター
  • 写真家
  • 動画の編集者

上記の職種は、HSPさんの特性でもある深い情報処理能力や強い感受性を強みにできる仕事だと考えています。

自身の感性を発揮できるクリエイティブな仕事は、ネガティブ思考に陥りやすいHSPさんに自己肯定感を与えてくれるでしょう。

写真家やアーティストとしての活動はハードルが高く挑戦しづらいイメージもありますが、近年需要が増え続けているインスタグラムや動画配信サイトを使うことで、手軽に創作活動を始められます。

避けるべき仕事

 

HSPさんが避けるべき仕事は以下のとおりです。

  • 多くの人と関わる仕事
  • スピードを求められる仕事

それぞれ向いていない仕事について詳しく掘り下げていきます。

多くの人と関わる仕事

:職種の例

  • 販売店のスタッフ
  • 営業
  • 接客業

上記のような人との交流が多い仕事は極力選ぶべきではないでしょう。

些細な言葉でも深く掘り下げてひどく落ち込んでしまう傾向のあるHSPさんは、他人との交流が少ない仕事をオススメします。

出来るだけ外部からのストレスを避けるためにも、接客業や営業などの仕事は避けるようにしましょう。

スピードを求められる仕事

:職種の例

  • 飲食店の厨房
  • 代理店の下請け

HSPさんには物事を深く考えてから行動するといった特性があるため、スピードを求められる仕事は向いていないと考えられます。

納期や修正の依頼に対して迅速に対応しなければならない広告代理店の下請けや、提供スピードが求められる飲食店の厨房はHSPさんにとって大きな負担となるでしょう。

広告代理店の下請けであれば納期を調整できる仕事や、飲食店の厨房であればピーク時の動きが激しくない店舗を選ぶことをオススメします。

まとめ

今回はHSPさんに向いている仕事、向いていない仕事をご紹介してきました。

向いている仕事の特徴として

  • 他者との交流が少ない
  • 自身で時間をできる
  • 感性を発揮できる

上記のような内容があげられています。

反対に向いていない仕事の特徴は以下のようになりました。

  • 多くの人と交流する
  • スピードが求められる

仕事を選ぶときはHSPの特性に合っているかどうか一度考えてみてはいかかでしょうか?_

こちらの記事では仕事に行くのが怖いHSPさんへ原因と対処法を解説しています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました